龍谷大学_科学技術共同研究センター お問い合わせ先メールアドレス
概要
Information
センター規程
活動内容
共同研究活動
科技研ジャーナル
研究プロジェクト一覧
新春技術講演会
第23回(2012年)
第22回(2011年)
第21回(2010年)
第20回(2009年)
第19回(2008年)
第18回(2007年)
第17回(2006年)
第16回(2005年)
第15回(2004年)
産学交流事業
学外機関等共同研究
受託研究制度
受託研究員・
受託研修員制度
奨学寄付金制度
龍谷大学研究部
龍谷大学研究部(学内サイト)
龍谷大学

PDF形式の文書をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
get adobe reader
Get Adobe Reader

Google


WWW を検索
このサイト内を検索
Home活動内容新春技術講演会第15回>講師プロフィール
第15回 講師プロフィール
 副島 廣海(そえじま ひろうみ)
 財団法人 鉄道総合技術研究所 理事長
副島 廣海氏 ◇演 題◇
新幹線高速化のキーテクノロジー

◇略 歴◇
1937年東京都出身。
1959年東京大学工学部機械工学科卒業。
同年、国鉄に入社。
工作局車両課長、高崎鉄道管理局長などを経て、1987年より新幹線総局長、国鉄民営化後、1987年JR東海取締役・新幹線運行本部長、新幹線鉄道事業本部長、1989年常務取締役、専務取締役・技術本部長を経て、1996年副社長。
1997年より鉄道総合技術研究所理事長、現在に至る。2002年6月に北京で開催された「鉄道発展戦略フォーラム」で日本を代表して講演。
2003年9月にエジンバラで開催された「世界鉄道研究会議(WCRR2003)」ではアジアにおける鉄道技術の研究開発状況を報告。
1981〜83年東京大学工学部非常勤講師。中部運輸局長表彰、運輸大臣表彰を受賞。
 和田 隆博(わだ たかひろ)
 龍谷大学 理工学部 教授(物質化学科)
和田 隆博氏 ◇演 題◇
グリーンプロセス及びグリーンマテリアルの研究〜ハイテクリサ−チセンタ−のプロジェクトとして〜

◇略 歴◇
1953年和歌山県出身。
1978年大阪大学大学院理学研究科修士課程修了。
同年、松下電器産業入社、材料研究所・中央 研究所を経て、1998年より龍谷大学理工学部教授、現在に至る。
研究分野は、機能性セラミックスや太陽電池に関する研究。 龍谷大学HRCプロジェクト「グリーンプロセス及びグリーンマテリアルの研究」及びNEDO革新的次世代太陽光発電システム技術研究開発「メカノケミカルプロセスを用いたカルコパイライト系薄膜太陽電池の研究開発」研究代表。工学博士(1986年大阪大学)。
1985年度日本電機工業会より功績賞、米国セラミックス協会より1994 Richard M. Fulrath Pacific Memorial Awardを受賞。2000年度より龍谷大学REC副センタ−長を兼務。
 杉田 繁治(すぎた しげはる)
 龍谷大学 理工学部 教授(情報メディア学科)
杉田 繁治氏 ◇演 題◇
技術文明のアーカイブ〜コンピュータ民族学の展開〜

◇略 歴◇
1939年京都市出身。
1962年京都大学工学部電気工学科卒業。大学院博士課程進学後、1968年工学部助手、1971年情報工学科助教授。
1976年10月国立民族学博物館助教授、1987年同教授。研究部長を経て、1998年より2003年同館定年退官まで副館長。
2003年4月より龍谷大学理工学部教授、現在に至る。「英文和訳機械翻訳」の研究で博士号。
国立民族学博物館では新しい人文科学の研究を目指して「コンピュータ民族学」を創設。 また「比較文明学」、「民族芸術学」、「展示学」などの学会理事として異分野交流の活性化に務めている。工学博士(1968年京都大学)。 国立民族学博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授。国際高等研究所フェロー。
前のページに戻るこのページのトップへ
龍谷大学 科学技術共同研究センター