龍谷大学_科学技術共同研究センター お問い合わせ先メールアドレス
概要
Information
センター規程
活動内容
共同研究活動
科技研ジャーナル
研究プロジェクト一覧
新春技術講演会
第27回(2016年)
第26回(2015年)
第25回(2014年)
第24回(2013年)
第23回(2012年)
第22回(2011年)
第21回(2010年)
第20回(2009年)
第19回(2008年)
第18回(2007年)
第17回(2006年)
第16回(2005年)
第15回(2004年)
産学交流事業
学外機関等共同研究
受託研究制度
受託研究員・
受託研修員制度
奨学寄付金制度
龍谷大学研究部
龍谷大学研究部(学内サイト)
龍谷大学

PDF形式の文書をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
get adobe reader
Get Adobe Reader

Google


WWW を検索
このサイト内を検索
Home活動内容新春技術講演会>第20回 報告
第20回 新春技術講演会報告
 2009年1月14日(水)大津プリンスホテルにて、龍谷大学創立370周年および理工学部開設20周年記念事業として、第20回新春技術講演会を開催いたしました。
 講演会第1部では、本学学長の開会挨拶に続き、近畿経済産業局長の平工奉文様よりご挨拶として「関西経済の活性化について」お話いただきました。
 基調講演では、太陽光発電技術研究組合理事長の桑野幸徳様より、「新しい潮流(地球環境、エネルギー問題、新デジタル)が始まった21世紀 −これまでの20年を振り返り、これからの20年を展望する−」と題し、 地球環境やエネルギーについてこれまでの20年を振り返り、これらを太陽光発電などの新技術でどのように解決していくか、また新デジタル時代にどう対応していくかについて、これらからの20年を展望していただきました。 講演の中では、本学の揚げる「共生」の精神がこれからの時代に必要だとのコメントをいただきました。
 講演会第2部では、本学革新的材料・プロセス研究センター長で、理工学部物質化学科の大柳満之教授が研究開発における軌跡と今後について、滋賀県工業技術総合センター所長の中村吉紀様が地元滋賀県の産学官連携のこれまでとこれからについて講演をしていただきました。
 講演の合間には、ポスターセッションやRECによる技術相談を実施し、理工系にとどまらず仏教など文社系の研究も含め100件もの出展があり、活発な意見交換がなされていました。
 学内外合わせて500名を超える参加者で、本学創立370周年と理工学部開設20周年、そして新春技術講演会の20回目の記念にふさわしく大盛況のうちに終了することができました。
 次回は、2010年1月13日(水)の開催を予定しております。次回も多数のご参加を頂きますようよろしくお願いいたします。
テーマ これまでの20年 これからの20年

ポスターセッション 出展一覧
科学技術共同研究センター研究プロジェクト関連
理工学部 数理情報学科
理工学部 電子情報学科
理工学部 機械システム工学科
理工学部 物質化学科
理工学部 情報メディア学科
理工学部 環境ソリューション工学科
革新的材料・プロセス研究センター関連
情報通信システム研究センター関連
研究機関等
REC(龍谷エクステンションセンター)
龍谷大学ビジネスプランコンテスト「プレゼン龍」
知的財産センター
キャリア開発部

リーフレット ※下記より pdfファイルがダウンロードできます。

表紙 講師 プロフィール 会場ご案内図 交通アクセス
表紙 開催にあたって&講師プロフィール 会場ご案内図
交通アクセス

 ※リーフレット+申込書の一括ダウンロードはこちらから。 PDF


このページのトップへ
龍谷大学 科学技術共同研究センター