龍谷大学_科学技術共同研究センター お問い合わせ先メールアドレス
概要
Information
センター規程
活動内容
共同研究活動
科技研ジャーナル
研究プロジェクト一覧
新春技術講演会
第29回(2018年)
第28回(2017年)
第27回(2016年)
第26回(2015年)
第25回(2014年)
第24回(2013年)
第23回(2012年)
第22回(2011年)
第21回(2010年)
第20回(2009年)
第19回(2008年)
第18回(2007年)
第17回(2006年)
第16回(2005年)
第15回(2004年)
産学交流事業
学外機関等共同研究
受託研究制度
受託研究員・
受託研修員制度
奨学寄付金制度
龍谷大学研究部
龍谷大学研究部(学内サイト)
龍谷大学

PDF形式の文書をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
get adobe reader
Get Adobe Reader

Google


WWW を検索
このサイト内を検索
Home活動内容新春技術講演会>第29回 報告
第29回 新春技術講演会報告
 2018年1月17日(水)、毎年恒例の「新春技術講演会」をびわ湖大津プリンスホテルにて開催いたしました。
 第29回目となる今回は、「伝統を究め、新たな未来へ」をテーマとして掲げました。

 基調講演では、新日鐵住金株式会社 常任顧問 宮坂 明博 様をお招きし、「未来を拓く鉄づくり ― ナノレベルで特性を制御して、キロメートルでつくり込む ―」と題して、今なお大きな進化と発展を続け、日本の「ものづくり」と「産業間連携」を支える鉄についての現状と今後の展望について、ご講演いただきました。

 講演会第2部では、本学の教員3名が講演を行いました。理工学部数理情報学科 山岸 義和 准教授が「螺旋と敷き詰めの幾何学」、理工学部環境ソリューション工学科 奥田 哲士 准教授が「『ごみ』って何?」、農学部食品栄養学科 朝見 祐也 准教授が「蕎麦製麺加工の伝統的技法の物性論的解析」と題して、それぞれの研究成果の一端を発表しました。

 ポスターセッション会場では、理工系・農学系を中心とした研究成果等を約50点展示発表しました。各ブースでは、学生が積極的に自分の研究について、来場者に説明を行っていました。

 次いで行われた懇親交流会では、新春の和やかな雰囲気のなか、産官学の参加者が活発に情報を交換されていました。

 当日は、学内外合わせて約280名にご参加いただき、盛況のうちに閉会いたしました。


テーマ 『伝統を究め、新たな未来へ』

ポスターセッション・技術相談 出展一覧 pdf(PDF)<<クリックで一覧を見る

開催風景
 ※拡大するには各写真をクリックしてください。
2018_01

1 宮坂 明博 様
2018_02

2 山岸 義和 准教授
2018_03

3 奥田 哲士 准教授
2018_04

4 朝見 祐也 准教授
2018_07

5 ポスターセッション会場
2018_08

6 懇親交流会場


リーフレット ※画像をクリックすると pdfファイルがダウンロードできます。
開催概要&講師プロフィール 会場案内&申込書
開催概要&講師プロフィール 会場案内&申込書
このページのトップへ
龍谷大学 科学技術共同研究センター