龍谷大学_科学技術共同研究センター お問い合わせ先メールアドレス
概要
Information
センター規程
活動内容
共同研究活動
科技研ジャーナル
研究プロジェクト一覧
新春技術講演会
第27回(2016年)
第26回(2015年)
第25回(2014年)
第24回(2013年)
第23回(2012年)
第22回(2011年)
第21回(2010年)
第20回(2009年)
第19回(2008年)
第18回(2007年)
第17回(2006年)
第16回(2005年)
第15回(2004年)
産学交流事業
学外機関等共同研究
受託研究制度
受託研究員・
受託研修員制度
奨学寄付金制度
龍谷大学研究部
龍谷大学研究部(学内サイト)
龍谷大学

PDF形式の文書をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
get adobe reader
Get Adobe Reader

Google


WWW を検索
このサイト内を検索
Home活動内容>産学交流事業
産学交流事業
科学技術のさらなる発展を、研究交流を通じて結実させています

産学交流事業
産学交流事業は、

「学外機関等共同研究」

「受託研究制度」

「受託研究員・受託研修員制度」

「奨学寄付金制度」


という4つの制度を通じて推進しています。
具体的な活動としては、当センターを核とし、国の機関・地方公共団体、もしくは企業と本学の研究者が有機的に結びついて科学技術の研究を行い、さらに充実した研究環境で学外の人材を積極的に指導・育成する制度を整えるなど、様々な面から産学交流を図り、これからの科学技術の発展を促す役目も果たしています。

また、龍谷大学では広く社会に開かれた研究交流を目指すため、Ryukoku Extension Center(略称:REC)が産学交流の窓口となって、各事業の受付をしています。

このページのトップへ
学外機関等共同研究
産業界での具体的なテーマに共同で着手

産業・学外機関等から研究者及び研究経費を当センターに受け入れ、本学の研究スタッフとの連携によって、共通のテーマについて共同して研究を行います。 科学技術を通して産業界、そして社会の発展に貢献できるよう、多角的な見地からテーマを設定します。
また、共同研究を進めるにあたり、その期間中はレンタルラボ(貸研究室)、本学の実験機器・装置を企業・学外機関等の研究者が自在に利用いただけます。 工業所有権等の帰属については、契約時に相談の上取り決め、その他の必要事項は「学外機関等共同研究取扱規程」を適用します。

・・・さらに詳しく見る
受託研究制度
研究テーマに応じた最適な研究者が遂行

企業をはじめとする様々な機関から依頼される研究テーマについて、 本学のスタッフが研究に取り組み、その研究成果を委託者に報告するという制度です。 学内の高度な技術開発を広く社会に活かすため、それぞれのテーマに対して最適な研究方法を検討し、 そこに最も適した研究スタッフが研究に当たります。

・・・さらに詳しく見る
このページのトップへ
受託研究員・受託研修員制度
充実した研究環境で学外の人材を指導・育成

企業などの職員を、受託研究員・受託研修員 (本学教員の指導を受けて、特定の事項について研究・研修をする者)として、本学に受け入れます。 ”開かれた大学”という理念に基づき、学内外の枠を取り払って科学技術の発展に取り組んでいます。 最先端の研究や研修にふさわしい施設・設備を最大限に活用し、社会の第一線で活躍する人材の指導・育成に励んでいます。

・・・さらに詳しく見る
奨学寄付金制度
科学技術発展のために活かし社会に還元

学術研究をますます活性化させるという奨励を目的として、本学への寄付金を随時受け付けています。研究成果をダイレクトにお渡しすることはできませんが、科学技術の発展のために寄付金は実験装置をはじめ各種施設・設備の更新・充実など、教育や研究のフィールドで有意義に活用されます。こうして生まれた研究成果は、広く社会に還元されます。

・・・さらに詳しく見る
学外機関等共同研究 受託研究制度 受託研究員・受託研修員制度 奨学寄付金制度
このページのトップへ
龍谷大学 科学技術共同研究センター