龍谷大学_科学技術共同研究センター お問い合わせ先メールアドレス
概要
Information
センター規程
活動内容
共同研究活動
科技研ジャーナル
研究プロジェクト一覧
新春技術講演会
第26回(2015年)
第25回(2014年)
第24回(2013年)
第23回(2012年)
第22回(2011年)
第21回(2010年)
第20回(2009年)
第19回(2008年)
第18回(2007年)
第17回(2006年)
第16回(2005年)
第15回(2004年)
産学交流事業
学外機関等共同研究
受託研究制度
受託研究員・
受託研修員制度
奨学寄付金制度
龍谷大学研究部
龍谷大学研究部(学内サイト)
龍谷大学

PDF形式の文書をご覧になるには Adobe Reader が必要です。
get adobe reader
Get Adobe Reader

Google


WWW を検索
このサイト内を検索
Home活動内容産学交流事業>学外機関等共同研究
学外機関等共同研究
共同研究とは、龍谷大学が企業・学外機関等から研究者および研究経費を受け入れて、本学の教員が企業・学外機関等 の研究者や技術者と共通の課題について共同しておこなう研究です。
共同研究期間中、本学の実験機器・装置をご利用いただけます。



<共同研究の受け入れ>
  • 本学の教育・研究上有意義であり、かつ本学の教育、研究に支障を生じるおそれがないと認められる場合に限り実施します。
  • お申し込みいただける学外機関は、国の機関、地方公共団体、民間企業ならびにこれらに準じるものとします。
  • 契約の締結が必要です。
  • 学外からの共同研究員の受入は学外機関で現に研究に従事しており、在籍のまま本学に派遣される者に限ります。
<共同研究の実施>
  • 研究は年度内完了が原則です。
  • 共同研究の内容・方法は双方で協議して決定します。
  • 共同研究員は研究料を本学に納入しなければなりません。研究料は、受託研究員・研修員に準じます。
  • 学外機関等は当該研究に直接必要となる経費を負担していただきます。
  • 共同研究により取得した設備は本学に帰属します。
  • 共同研究結果生じた産業財産権等の帰属は双方の協議によります。
  • 研究成果の公表は時期、方法は双方の協議によります。
このページのトップへ
龍谷大学 科学技術共同研究センター